ISBN 978-4-909355-10-2 C0095

ひらく①

佐伯啓思監修
¥2,200(本体価格)
ひらく①

分野を横断しながら、多様な「問い」に向き合う──。
混沌の時代を「ひらく」新媒体、ついに刊行開始です。

次々と打ち出される技術革新、モノ・人・情報の国境をこえた急激な移動によって、いま、わたしたちの日常は活気に満ちているように見えます。しかし一方で、その表皮をめくってみれば、さまざまな領域で、深刻な秩序崩壊や価値の混乱に直面している現実が浮かびあがります。
混沌とした現代にあって、『ひらく』は、問うべき課題にまっすぐ向きあいます。そして、思想的な座標を論じるべく、「令和」がはじまる月に発刊されます。
現代文明や日本の思想についての本質的な論議の場所となり、わが国の知的領域に対して、ささやかな寄与ができればと念じながら。

内容 目次

The Interview
笑いと文学、時代と人間。
又吉直樹

特集❶日本文化の根源へ
対談
松岡正剛×佐伯啓思
佐伯啓思 「無常の形而上学」について
末木文美士 日本王権論序説
安藤礼二 近代日本哲学の真の起源
先崎彰容 本居宣長の世紀一
澤村修治 「花」とニヒリズム

特集❷現代という病
鼎談
東 浩紀×先崎彰容×佐伯啓思
柴山桂太 没落の一歩手前で
内田由紀子 日本の協調性の行方
藤本龍児 「ポスト・アメリカニズム」の世紀

特別対談
「ニムロッド」とは何か
第一六○回芥川賞受賞
上田岳弘×佐伯啓思

黒鉄ヒロシ 首斬り 漫伝生死郎
長谷川三千子 道元を読む一
竹山 聖 建築のモダニズムについて、そしてポストモダニズムについて
荒川洋治 現象のなかの作品
佐藤 卓 媒介するデザイン
古田 亮 不染鉄
木多本屋 テレヴィジョンと天皇
金澤洋隆 「善き生」への問い
年表で「読む」日本マンガ史 澤村修治
表紙の画家 大竹彩奈Interview
本好きへの装幀噺 芦澤泰偉
書評 下村智典