2014.08.22

3世代が優しいことをしなければ観られない火山湖

今泉 奈緒美

 7月のある週末、住まいのある横浜は雨予報。。
天気の良いところを近場で探していたら、“済州島”の文字。しかも空席アリ!前回食べた美味しい海鮮鍋を思い出しながら・・・

 韓国の最高峰、ハルラ山。
ハルラ山は一帯が国立公園に指定され、標高は1950m。日本の山に比べると高さこそ劣るが、登る標高差は1200m。
ベスト登山シーズンは、5月のツツジが満開に咲いている時と、秋の紅葉、冬の雪が積もっている時。今年3月に登りに行った時は天候が悪く断念。リベンジも兼ねた今回は天気に恵まれ、ベストシーズンではないけど登頂することができました! 

 ハンラ山の登山口は5つ。私は最も多くの登山客が利用すると言われている、城板岳登山路からスタートしました。
スタートして走り出したものの、直後から足場が悪く歩いたり走ったり。浮き石ではないけど、石でデコボコ、苔が付いていたり滑りやすそうな登山道が続きました。

 途中途中に今いる現在地と、残り何キロか分かる看板があり、標識は親切!登山口にさえ着けば、地図がなくても迷う事なく山頂を目指せるコースです。
トイレは2ヶ所、売店1ヶ所。売店には、水・ラーメン・チョコパイ・羊羹などの軽食が売っていました。
登山口にもキムパプ(海苔巻き)や飲み物やお菓子類が売っていますが、せっかくの韓国、ホテルの近くにあるスーパーで総菜等を買って行くのをお勧めします。私は、八百屋さんで買った果物、スーパーで買ったキムパプ、味付け卵、スンデ(韓国式ソーセージ、腸詰)を持って行き、登山同様お昼ご飯も堪能しました。

 山頂手前約1kmぐらいはずっと階段。それを登れば山頂到着です!
山頂には、周囲が約2000m、深さ約100mという大きな火山湖の 白鹿潭(ペンノクタム)があります。 ペンノクタムは3回もハンラ山に登ったのに一度も見られた事がないと後に友達に聞き、「3世代が優しい事をしなければ見られない」なんて言い伝えも韓国ではあるそうです。 1回で見れた私はラッキーだったようです。

 トレランをしに行くっと思うと走れる箇所が少なく物足りないコースかもしれませんが、済州島は日本からも近いし、海鮮類の料理がものごーーく安くてとにかくご飯が何でも美味しいので、凄く満喫出来ると思います。

 【登山口の名前】
城板岳(ソンパナク)登山路 距離9.5k
観音寺(クワンウムサ)登山路 距離8.7k
オリモク登山路 距離6.8k
霊室(ヨンシル)登山路 8.2k
トンネコ登山路 距離7k

 【城板岳登山口の行き方】
700番のバスで「城板岳」下車。
西帰浦(ソギポ)シティーから40分ぐらい。
韓国はバスがとにかくビックリするぐらい安いので、バスで移動をお勧め!!
済州島の端から端まで行っても300円という驚きの安さ。

 済州島には、島を1周出来る「済州オルレ」※というのがあります。
総26コース(本コース21、付属コース5)があり、どのコースも共通しているのは、青々した山や透き通った海、小さな村など美しい済州島の風景が鑑賞できることです。 私もいくつかのコースを走りましたが、走って観光も出来、ロードが多いですが、トレイルの練習、ロードの練習と区別すれば良い練習にもなると思います。今回は暑かったので、1−1コースの牛島にフェリーで渡り、1周して来ました。途中、綺麗な冷たい海に入ったり、夏にはもってこいのコースでした。

牛島まで行ったら近くにある世界遺産の「城山日出峰」に寄る事もお勧めします。私的には、「城山日出峰」に登って見る上からの景色より、遠目からみる「城山日出峰」全体を見渡せる風景のほうが素敵でした。

※済州オルレ
済州島を一周走れるコース。
「オルレ」とは済州の言葉で「通りから家の門に通じる狭い路地」という意味を持ちます。地元の子どもたちが「オルレに行く?」という風に使うように済州では一般的に使われる馴染み深い言葉です。特にこの言葉は済州の海岸沿いの小さな道をあわせて作ったウォ-キングコースに名付けられてから全国的に有名になりました。

【西帰浦のおススメグルメ】

第一位 「キオッナヌンチッ」の海鮮鍋 第二位 「チョンジッコル食堂」のトンベコギ
第三位 ウンサン 焼きうなぎ  
 

【西帰浦B級グルメ】

第一位 西帰浦毎日オルレ市場の中心部にある
「海苔巻きおでん」
 
 
第二位 小豆粥 第三位 冬限定の焼き栗
レポーター紹介
今泉 奈緒美
今泉 奈緒美

トレイルランナー/トライアスリート 
高校時代、硬式テニス全国選抜団体優勝という実績を残し、トライアスロンへ転向。「全日本トライアスロン宮古島大会」「アイアンマンジャパン」優勝など輝かしい戦歴をもつ女性トライアスリート。